戻る‐ † ‐次の月へ‐ † ‐前の月へ‐ †

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
†小石クロニクルの魔界転生†
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

‐雑記:2016/10/13‐

壊れかけだ、と思う。

実際は、壊れているのかもしれない、とも思う。

あれこれが、どうのこうのと、走行している間は、大丈夫だな、と笑う。

欺瞞ばかりだった。


自慢できることなんて、なにも。

示して見せられるものなんて、どこにも。

ひとえに、せつなに。

まるで残らなくてもいい。

としても。鮮烈さとは、はて、いかなる事象のことだったか。

覚えていられる限り、と。

あの人は約束を、けれども。

不確かさを呪うのは、いつだって、自分だけだった。


悲しまなくていい。

嘆かなくていい。

そんなこと。その程度。そんなもの。

大したことではなかった。誰かにとっては。

私にとっての一大事なんて、そんなもの。

些細なものだった。気にするほどのことではないのだった。

それでもなお。

留めていたかった、はずの。それは?


深く在ることは不覚を取るみたいに、過ち、めいている。

重量は問題ではなくて。その眼差しの、角度が。

あばら骨の合間を縫って。

なんて憎たらしいことなのでしょうか。

深度、もしくは震度。

細かに痙攣する、指先が、唇が。

明後日の方へ。


短縮とは、これ、この通りの無様さをなす。

ただ、重ねることの、なんたる無謬の、慰めにも、遠い、よしなしごとか。


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
†………†
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

‐雑記:2016/10/09‐

何をもって、糸口にするかである。

十字を切って、稲を積み、こと細かく。

できうるなら、乱麻を断ちたいが。

肉も骨も堅くって。だから、真一文字に結んでいる。


沈黙は金なり。でもそれは、誰の。

無論、誰かの、と言って仕舞えば。

針に糸を通したことで綻ぶものもあるのでしょうね。

結い結い、チクチク、と。

目を伏せる。


失せるものがちぃとばかり、多い気がする。

気が付くと、何処にもないし、何がどうなって、消えたのかも曖昧である。

失せ物なんてそういうもので、

はっきりとしないからなくなってしまうのだろうけれど。

定期的に同じようなものが、回る様に転がっていくことが、解せぬ。


書置きをしていこうと思って、書いて、置いて。

その場所を忘れて。何もかもが終わってから見出される。

書き置いたという事を記し残したメモを預けよう。

恋に恋して、愛を愛す、みたいなものだな、うん。

たあいもなく、ぜひもなく。

致命的かもしれなかった。


追想、ということではなく。

その在り方を、おいて、録ることの、座りの悪さが、なんとも。


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
†………†
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
‐雑記:2016/10/07‐

ぐるぐるしている。ゆだっている。

知らない間に、という奴で。たまには清めておかないといけないのだった。

とは言え、清めたら清めたで、ぎしぎしと軋むのですがね。

曲がっているので。正します。いえ、質します。糾して。

冷え切ってから殴る。どうぞ殺す気でお願いします。


キレが悪い、とはどう考えても昔からの話で。

つまりはそう、切れないから鈍器としての扱いなのでした。

できれば重装甲になりたい。死はゆっくりと、近付いてくるものですから。

むしろ近付いていくのだった。一人きりの歩兵部隊。たてついたり、たてつかれたり。

一歩一歩、着実に。確実に、逃れようのないように。

無慈悲も時々、優しかった。


パッとしないから、パーッと弾く。

爪に、指に。空気が、パチリと。

なんでも二つに分けて考えるから、単純なようでややこしく、周囲がいつも赤信号。

止まれ。この指の前で。ピストルの構え。

近付かないで。ジッとして。

ばんぐばんぐ。


耳をすませば。さやさやと、囁き声。

死の呪文かな? 幻聴であって欲しいね。

恨めしや。あれ、それ。自分で言ってないかい?

虫けらを潰した後、口角に触れたらつり上がっているお前は誰だ。

上がり目、下がり目、くるっと回ってアンタの眼。

彼と我と。彼我の境界と。定まりと。距離と。

虚空に邪視。くりぬいて、めしいる。


閉じて。奥に、しまい込む。

押して参られ。千々乱れ。


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
†………†
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
inserted by FC2 system